小型船舶向け公認無線機器販売サイト
ホーム海上実験の様子
海上実験の様子
海上実験の様子:1
2013年09月01日

本当のデジタル化でナビゲーションを! プロ用の電子海図(ENC)をあなたの船に!

お役所が嫌いな無料ソフトウエアなどを使います、外国ではプロが使っています。

幸い、海上保安庁の電子海図(ENC)は必要なセルのみライセンス契約すれば、大変安いです。

(例:伊豆大島アプローチ版で605円/年間、無料更新付)

<各マニュアルを抜粋して日本向け検証して手順をご案内>

<事前準備>

1. OpenCPNをPC(システム)にダウンロードする(無償オープンソース)

https://opencpn.org/index.html

PCにインストールしてください

2. O-chartsにアカウントを作る(ここでOpenCPN用S-63Pluginを購入)

https://o-charts.org/index.html

UserPermit と InstallPermit を入手、Fingerprint Fileを作る

3. 水路協会の「海図ネットショップ」にアカウントを作る(S-63 ENCを購入)

https://www.jha.or.jp/jp/shop/search_paper.html

CDROM(メディア)郵送でなくデータ送付サービスで海図(セルパーミット)入手

PCにダウンロードして解凍(含、ROOT.ENC)PERMIT.txtもPCにコピー

<インストール>

4. OpenCPN の設定(丁寧に!)

Options → Plugins → S63  “enable”クリック

Options → Charts → S63 Charts → Keys/Permits で“Create System Identifier file ”ボタンを押して“Fingerprint”を作る

Options → Charts → S63 Charts → Keys/Permits で “New UserPermit”ボタンを押して“UserPermit”を入力、test。 “New InstallPermit ”ボタンを押して“InstallPermit”を入力、 test。

<ENC取り込む>

5.Options → Charts → S63 Charts → Chart Cells で “Import Cell Permits ”ボタンで“CellPermits (PERMIT.txt)”を入力、それから

“Import Charts/Updates”ボタンを押し ENC_ROOTフォルダを選んで S-63 海図を選ぶ

<AIS接続>NMEAUSB、必ずPCのポート設定を確認して、OpenCPNの入力設定。

<おすすめ受信機>

Raspiに受信回路を載せた、最新のソフトウエア受信機をお勧めします。

アンテナをつなぐだけですぐに受信します。AIS/GPS信号出力は、Ethernet(LAN)、WiFi,VNC(リモート)です。

PC,スマホでも使えます。

Linux(OS)、ファームウエア(OpenPlotter)、ソフトウエア(OpenCPN)がすでにインストールされていますので、モニタをつなげばAIS/GPSプロッタになります。船上でも使えます。

電子海図は仮のデータが入っていますが、詳細な正式な電子海図にもできます。

AIS初心者、その他Linuxの教育に最適です。Raspi3の箱で高さが倍の小さなBOXが凄い能力があります。

購入は https://www.ais-japan.org/product/77?

受信範囲を大きくするには、当然AIS用の良いマリンアンテナを使ってください。

<使用するPCについて>

プロが使える機能ですが、電子海図などプロが使える物にする場合、普通のPCでは表示が遅くなります。

クリティカルなリアルタイムのAIS/GPSプロッタにされる場合は、ワークステーションレベル(高速CPUなど)のPCをお使いください。

夢のようなナビゲーションが可能です。